出遅れ夫婦のハレルヤ育児日記

30代後半で第一子を授かった晩婚夫婦の育児日記。育児が大変なのはわかってるけど、できるだけ楽な方法を探してアレやコレやと奮闘中

*

赤ちゃんが早起き過ぎて眠いので1級遮光カーテンに替えてみたところ・・

   

1級遮光カーテン

毎朝、早起きでねむーい。

赤ちゃんの起きる時間って、どうしてあんなに早いんでしょうか。

午前3時とか午前4時に起きて泣き出されると、こっちも泣きそうです。(^_^;)

せめてもう1時間‥いや30分でも寝かせて欲しい!

寝落ちしそうになりながら、そう思います。

あるとき子育て本に、部屋を真っ暗にすればもっとグッスリ寝るという記述が。

そこで赤ちゃんが寝る部屋のカーテンを替えてみることにしました。

1級遮光カーテンに替えてみたところ・・・

スポンサーリンク

1級遮光カーテンに替えてみた結果

Before(2級遮光カーテン):

blackout_curtain01

After(1級遮光カーテン):

blackout_curtain02

2級遮光カーテンを、1級遮光カーテンに替えました。

その差は見ての通りです。。

赤ちゃんの起きる時間が少し遅くなった

1級遮光カーテンに替えたら、日中でも真っ暗。

これが本当に凄くて、カーテンから光が透けることがありません。この部屋では昼夜の区別がつかなくなりました。

それではこの部屋で赤ちゃんを寝かせてみます‥。

すると翌朝、いつもよりちょっと遅めに起きてくれました!いつも3時半とか4時だったのが、今朝は5時。

たまたまかもしれませんので、何日か様子をみてみます。

やっぱり30分〜2時間ぐらいの効果がでています。

ついでに、寝付きも良くなりました。

寝付きが良くなった

うちはゆるジーナとEASY式を組み合わせて実践しているので、赤ちゃんが寝るときは1人で寝かせます。

ジーナ式はこちら↓
ジーナ式実践中、赤ちゃんが早起きしすぎちゃう問題の解決法 »

以前は寝付くまで20分以上かかってたんですが、1級遮光カーテンにしてから寝付きが良くなりました。

寝付くまでの時間は5分〜10分、長くても15分ぐらいです。

15分を超えて元気に泣いている場合は、一旦様子を見に行きます。寝付けないこともあるので。

部屋の温度が上がらなくなった

マンションの高層階だったりすると、下から熱が上がってきて、部屋の温度はかなり上昇します。もちろんエアコンはフル回転。

それに加えて、日差しが部屋の温度をおしあげます。

ところが1級遮光カーテンであれば、日差しをほとんど防げるし、生地に厚みがあるので外気の影響も受けにくくなります。

1級遮光カーテンに替えてからは、去年暑かった部屋でも快適に過ごすことができました。

それでは1級遮光カーテンの特徴・機能も見ていきましょう。

スポンサーリンク

1級遮光カーテンの特徴・機能

光を完全にシャットアウト

1級遮光カーテンは99.99%光を通しません。照度は10ルクス以下と決められていて、これは人の顔が判別できない程の暗さです。

ちなみに2級、3級もあるのですが、真っ暗になるのは1級だけです。

暗さの違いは、この動画が分かりやすかったです↓

生地の厚みが冷暖房に役立つ

1級遮光カーテンは、生地が厚くできています。外からの光を防ぐためですが、その厚みは外気からの影響も防ぎます。

その結果、部屋の冷暖房にプラス効果となります。

実は防音効果も高い

先程も書きましたが、1級遮光カーテンは生地が厚くできています。その厚みで光だけでなく、音も通しません。遮音効果も高いといわれています。

夜泣きや早朝の泣き声にも、お役立ちですね。

まとめ

1級遮光カーテンを使ってみた感想をまとめてみました。

うちは1級遮光カーテンに替えて、本当に良かったと思います。

赤ちゃんの早起きの原因は、外の光だけではないんでしょうが、うちではそれなりの効果がありました。

もちろん日によっては朝早く起こされますが、毎朝でなくなっただけでも良かったと思っています。

ちなみに遮光カーテンの柄は、あまりデザインが良くないので、表面に別のカーテンをつけて使っています。

うちで買ったのはコレです↓

アドセンス記事下

スポンサーリンク

 - アイテム