出遅れ夫婦のハレルヤ育児日記

30代後半で第一子を授かった晩婚夫婦の育児日記。育児が大変なのはわかってるけど、できるだけ楽な方法を探してアレやコレやと奮闘中

*

生後2ヶ月、ジーナ式実践30日目の成果と振り返り

   

ジーナ式を初めて1ヶ月が過ぎました。

生後1ヶ月だった娘も2ヶ月になり、頭が2周りくらい大きくなった。

授乳中、小玉メロンくらいの大きさになった頭を見てはデカくなったなーと思います。新生児の成長ってほんと早いですね。

さて、ジーナ式(正確にはゆるジーナですけど)を1ヶ月続けた効果はどうだったか?ちょっと振り返ってみます。

スポンサーリンク

ゆるジーナ式1ヶ月目で変わったこと

1日の生活スケジュールが安定した

本来のジーナ式スケジュールよりお昼寝時間がかなり長めですが、記録を振り返ると、チビが泣いたり起きたりぐずったりという行動が、毎日ほぼ同じ生活リズムになってきてます。

おかげで、ああそろそろ疲れてきたな、とか、これは空腹じゃなくて眠くて泣いてるな、とかそういうのもわかるようになってきました。

本来のスケジュールから多少ズレてはいるものの、毎日ほぼ同じスケジュールで過ごせるようにはなってます。

赤ん坊が寝てる時間と起きてる時間が毎日ほぼ決まっているので、家事や食事をする時間も自然と決まり、生活リズムが整いました。

ちなみに我が家で実践中の具体的なスケジュールは別の記事で公開してるので、そちらをご覧くださいね。

関連記事)
新生児のジーナ式スケジュールと実践のポイント3つ

よく寝る赤ちゃんのゆるジーナ、私のスケジュール

赤ちゃんの寝起きが良くなった

いまだに、布団に降ろすと赤ちゃんが勝手に寝る、という素敵現象は滅多にないのですが、代わりに最近よくあるのが、お昼寝から起こす時間になると勝手に起きる現象。

うにゃ~、うにゃ~という感じで泣き出して起きる。ギャン泣きに発展することはあまりなくて、少し放っておくと落ち着いて、ベッドの上で自然に目を覚ますことが増えました。

前だったら、部屋に光を入れて1時間放置しても起きなかった。

うちの子はすんごい寝起きが悪くて、一度眠ると何しても起きなかったのですが、1ヶ月同じような生活を続けたことで、多少は体内時計にスケジュールが刻み込まれたんでしょうかね?

最初の頃に比べると、寝起きがかなり良くなりました。

無理やり起こすことがなくなったせいか、昼間ご機嫌の良い時間も、ここ1週間くらいでグッと増えたし。

ただ、これがジーナ式スケジュールの成果なのか、単に月齢が進んだゆえの成長なのか、どっちなのかはわかりません。

毎日ほぼ同じ生活リズムで過ごせるようになってきたのは、ジーナ式のおかげであろうと思うんですけどね。

寝付きはそんなに良くなってない(悪くもないけど)

寝かし付けについては、そんなに大きな変化はない気がします。

もっとも、ジーナ式を始めてすぐに、我が家の最大の悩みであった昼夜逆転が治ったので、最初にスタートダッシュで効果があって、そこから変わってないという感じ。

関連記事)
ジーナ式1日目。新生児の昼夜逆転がいきなり治る

相変わらず、おっぱいを飲みたい量と実際に飲める量にギャップがあるので、ちょっと飲んで満腹になって寝るけど、寝かせて30分後くらいに空腹で泣く、ということが多いです。

そういう意味では、ちょっと飲むだけで熟睡してくれた新生児期のほうが寝付きはよかったかも。

赤ちゃんの体重が6kgを超えるくらいから、胃が大きくなってミルクを溜めておけるようになると聞いたので、もう少しの辛抱なのかなあ。

(今2ヶ月に入ったところで、体重は5kgくらい)

こうして1ヶ月を振り返ってみて、総じて育児はちょっと楽にはなってきました。

さっきも書きましたが、赤ちゃんが寝てる時間と起きてる時間が決まってるというのは、かなり大きいです。

授乳しながらご飯を食べたり、泣き声に怯えながら慌ててシャワーを浴びるってことがなくなったので。

ジーナ式に出会っていなかったらと思うと、ちょっと怖い。

空腹で目覚める回数が減ることを祈りつつ、2ヶ月目も、ゆるジーナ続けていきます!

アドセンス記事下

スポンサーリンク

 - ゆるジーナ実践記