出遅れ夫婦のハレルヤ育児日記

30代後半で第一子を授かった晩婚夫婦の育児日記。育児が大変なのはわかってるけど、できるだけ楽な方法を探してアレやコレやと奮闘中

*

ジーナ式実践中、授乳で寝落ちする赤ちゃんを起こしておく方法

      2016/04/28

1ヶ月の子供にジーナ式を実践してるんですが、意外と難しいのが、寝かせることじゃなくて、起こしておくこと。

ジーナ式スケジュールだと、だいたい2時間くらい子供を眠らせずに起こしておかなきゃいけないんですが、これが難しい。

私がやってる具体的なジーナ式スケジュールはこちらで紹介してます≫

どうしても2時間持たずに寝ちゃう。

あとね、授乳すると寝落ちしちゃう。

新生児の寝かし付けに苦労こそすれ、新生児を眠らせないことがこんなに難しいとは思いませんでした(T_T)

で、寝落ちする新生児を起こしておくために悪戦苦闘した足跡と成果がこちらです。

スポンサーリンク

足の裏を刺激する

これは赤ちゃんを起こす鉄板の方法だと思いますが、足裏刺激。

足をこちょこちょくすぐったり、ぐぐっと指圧して刺激してあげる。産院で習った人も多いと思います。

でもねー、これ、うちのチビには微々たる効果しかありません。

うとうとしかけている時なら、まあ1秒か2秒くらいは効いてくれるかな?

でも、眠くなった時、すでに眠りに落ちている時は、どんだけガッツリ足裏マッサージをしようとまったく起きません。

よって気休め程度に使ってます…。

スポンサーリンク

ペットボトルの音で驚かせる

うちのチビはあんまり繊細なタイプではないようで、大きな音が聞こえてもかまわずに眠ってます。

モロー反射でしたっけ、赤ちゃんが音にビクッとしてバンザイするやつ。

よくあれで赤ちゃんが起きちゃうって言いますが、うちの子はあれで起きちゃったことは一度もありません。

……鈍いのかな。

そんなチビがわりと反応を示すのが、ペットボトルを潰す音。2リットルペットボトルを力強く潰すのが1番反応がありました。

まあ、結局ペットボトルでも起きてはくれないんですけどね…。手を叩いたり大声を出すよりは反応ありました。

授乳せず、おしゃぶりで時間を稼ぐ

今のところ、1番実用的なのがこれ。

寝起き直後とか、子供を起こした直後って泣くことが多いじゃないですか。

それを泣き止ませるために、つい授乳しちゃってたんですが、寝起きに授乳すると、またすぐに寝落ちしちゃうんですよね。

そこで、寝起きに泣いている時におしゃぶりを使うようにしてみました。そしたらこれがいい感じ。

これだとお腹いっぱいにならないので、授乳に比べれば寝落ちの確率は減ります。

で、お腹が満たされないわりに運動にはなるのか、うまくおしゃぶりをくわえてくれれば、しばらくして落ち着いて目が覚めることが多い気がする。

しっかり目を覚ましてから授乳すれば、寝落ちも防げます。

ジーナ式スケジュールで、起こしてから授乳まで20分くらい時間が空いてるのはこういうことだったのか、と納得。

おしゃぶりは退院後すぐに新生児用を購入してたんですが、口に入れてもペッとされちゃってあきらめてましたが…

1ヶ月検診の頃、ある時に夫がおしゃぶりを使ってみたら、今度はちゃんとモグモグしてくれて。

新生児用とはいえ、生後1週間とかではサイズが合わなかったのかなー。

ギャン泣きの時にはさすがにダメですが、ちょっとぐずって泣く時にも使えるし、おしゃぶりの効果を見直しました。

あきらめてスケジュール調整する

最後はこれ。

もうね、何しても眠い時は眠い。寝る時は寝る。

本当に何しても起きない時は、しょうがないのでお昼寝させます。

ジーナが言うところの、お昼寝トータル時間4.5~5.5時間なんて思いっきりオーバーしちゃいますけど、しょうがない。だって起きないんだもん。

赤ん坊がいきなりスケジュール通りに生活できるわけないし、徐々にお昼寝時間を短くして理想的なスケジュールに近づければいいやと、ゆるーくやってます。

とりあえず夜の19時前後に寝てくれるようになっただけでも、私にとっては十分満足できる成果ですしね。

まだまだ1ヶ月を過ぎたばかりの我が子ですし、これからもゆるジーナで続けてみたいと思います。

アドセンス記事下

スポンサーリンク

 - ゆるジーナ実践記, ジーナ式FAQ