出遅れ夫婦のハレルヤ育児日記

30代後半で第一子を授かった晩婚夫婦の育児日記。育児が大変なのはわかってるけど、できるだけ楽な方法を探してアレやコレやと奮闘中

*

「保育園かわいそう」は本当か?1歳児のデキ愛娘を預けた親の感想

      2017/06/26

「こんな小さいのに保育園行かせるなんてかわいそう」

今日も見ず知らずの婆さんに言われて、イラッとね。(`Д´#)

とはいっても私も保育園に行かせるのは、かわいそうで仕方ありませんでした。
なんといっても溺愛している1歳児の一人娘
これを預けるのが悲しくないわけがない。

だけど、その悲しさも2日目まで。3日目からは保育園も良いなと思いはじめ、1ヶ月たった頃には“保育園に行かせないのも、かわいそう”と思うようになりました。

いったいどうして、そう思うようになったのか、順に振り返ってみます。

スポンサーリンク

そもそも「保育園かわいそう」と思う理由って?

 

infant004

「保育園かわいそう」と思う理由って、

  • こんな小さいのに親と離れるのがかわいそう
  • 子供に無理をさせているんじゃないか

このあたりが最大の理由だと思います。それ以外のところでは、

  • 保育園では食事にコダワリがなさそう
  • 好きなときに寝れないし自由が無さそう

何ていうのもありました。

でもこういった不安や心配も、実際に保育園に行くうちに段々と解消されていきます。

それは選択した保育園がすごくアットホームでのんびりしていて良かったのと、保育園に行ったときの子供の反応が、思ったより楽しそうだったというのが大きいです。

スポンサーリンク

保育園に通い始めた子供の反応

infant002

うちでは嫁も仕事をしたいというので、話し合って保育園に預けてみることにしたのですが、どちらかと言えば私が反対でした。

なので試し保育から初めて、子供が嫌そうだったら速攻辞めるという前提で、保育園に行き始めたのです。

保育園は試し保育から始めることができますので、最初のうちは2時間だけ預ける形で始めました。この辺りの事情は、保育園によって違うみたいです。

預け初日

初日、預けるときは二人いって、いや〜このときは胸が張り裂けそうなほど嫌でした。たったの2時間なんですか。

そして2時間ちょいで迎えにいって、今日の様子を担任の保育士さんから聞きます。

すると・・・最初だけ泣いたけど、私達の姿が見えなくなるとすぐおもちゃで遊びはじめたとのこと。たまにグスグスしたけど、新しいおもちゃを与えると、元気に遊んでいたっていう話でした。なんか良い意味で想像とちがうな・・・(^_^;)

2日目

ホッとして、2日目も2時間ちょっと預けます。2日目の様子については、朝離れるときだけ泣いたけど、そのあと1日中元気に遊んでいたとのこと。

保育園っておもちゃや絵本が物凄く豊富で、遊戯室とか広いスペースも多いんですね。どうやらそれに釣られて、悲しんでいる暇もなく遊んだ様子。心配をよそにわりと大丈夫なもんですね。。

3日目

ここで土日を挟んで、3日目から給食を食べて帰る形になります。だいたい3時間半ぐらい預けるのですが、この日は行って直ぐ園長先生を見つけて、なんと抱っこをせがむうちの娘。おいっ、もう慣れたのかよ(^_^;)

抱っこされたあと、こちらを振り返らなかったのがまた悲しい(笑

どうも園長先生にだけ慣れたということみたい。いきなり権力者にいくとは。。そんな感じで3日目になると、もーだいぶ慣れ親しんでいた様子です。

所持に関しては、出されたものは満遍なく平らげるので、全く心配していなかったんですが、給食はおかわりしていたとのこと。

この保育園では、地物の野菜や魚を使って保育園で調理をしています。献立や今日の給食についてもサンプルが置いてあり、どんなものを食べたのか確認できます。これが結構美味しそうなんですよね。

このあたりも保育園によって事情が違うので要確認です。

1週間たつころ

そんな感じで1週間もたつころ、どうもお友達?というか一緒に遊ぶ子供ができたようです。迎えに行ったときなど、二人で一緒にいる姿を良く見掛けます。でもそれ以外の子供とも一緒に遊んでいるらしい。

言葉もしゃべれないし、指差すぐらいしかできないだけど、どーやってコミュニケーションとってるんですかね?しかし、幼児には幼児の世界があるみたいです。

子供によって差はあるみたいですが、だいたい1週間もすると、初めて入園した子供たちも慣れてきて、泣く子はいなくなります。それどころか保育園なれしはじめて、余裕の様子を見せる子が多いということ。

1ヶ月たつころ

すっかり慣れて、保育園に連れて行くと自ら子供の輪の中に入っていって、自分のおもちゃを確保します。だいたい何処の子供もこんな感じみたいです。

おもちゃも取ったり、取られたりがあるらしく、おもちゃを守るという行動もしはじめます。特に仲の良い女の子とは、ほっぺたを人差し指でつつきあう仲。

いや〜慣れるもんですね。それに幼児の世界ってのもあるんですね。保育園にもなれて、そのへんで寝そべったりお昼寝も上手になったりと、リラックスしてます。

このような感じで慣れていったのですが、保育園に行かせてみて気付く、保育園のメリットというものがありました。

保育園に行くと、子供にもメリットが沢山ある

 

infant003

子供を保育園に預けると、親が仕事ができるということ意外にも、子供に様々なメリットがあります。

友達ができる

まず保育園では、友達ができるということ。これは兄弟のいない子にとっては、かなり影響があると思います。実際うちの子も同い年の友達が歩く様子を見て、なんか歩くようになった感じがあります。

家で大人と遊ぶのと、同じぐらいの年の子供たちと遊ぶのでは、ぜんぜん違うと思うんですね。良い刺激にはなっているだろうと思います。

友達がたくさんできたというのもあってか、最近はどうも保育園に行くのが楽しいらしく、風邪でお休みの日も保育園のカバンをもって連れてけと主張します。

食事のメニューが凄く豊富

次に保育園では、給食で様々な食品がでます。これは保育園ごとに特色があると思うのですが、家で絶対でないようなものも出て、子供にいろいろなものを与えるといった意味ではすごく良いと思います。

小さいうちにいろいろ食べさせたほうが、将来アレルギーになる確率が低いとうい考えでいるので、そういう方針のうちにとっては、家出ない職員がでるのは有り難いことかなと。

そのあたりの事情、気になる人は以下のリンクから↓
食品の導入時期が遅いと、アレルギーのリスクは増加する?

いか、たこ、ピーナッツ、卵、牛乳、蕎麦なんでも出て来るので、逆に安心しています。ただ気になることとしては、食品の品質を選べないこと。あと味つけ。子供向けになっていることは分かっているんですが、これは気になりますね。

うちはあまり牛乳を多く飲ませたくなかったので、そのあたりも相談して控えて貰ってます。このあたりは家庭の方針で、保育園と相談するば良いかと思います。

検診が無料

知らなかったのですが保育園では、様々な検診を行ってくれます。

  • 歯科検診
  • 内科検診
  • 身体測定
  • 尿検査(3歳〜)
  • 眼科検診(3歳〜)

家にいるとこういった検診を受ける機会も無いので、このへんは凄く良かったなぁと思います。身体測定は毎月してくれるので、記念にも良さげです。

お昼寝の週間がつく

家にいる間は、決まった時間にお昼寝なんて絶対しなかったんですが、保育園にいくようなって、時間に合わせてお昼寝をするようになりました。

決まった時間のお昼寝は、生活のリズムも着いていいじゃないかなと思ってます。お昼寝が遅くなると、夜寝るときに寝付きが悪くなりますしね。と嫁がいっていた。

風邪をやたら引く

保育園に行くようになって風邪をめちゃめちゃ引くようになりました。

「いやそれ大変じゃん」

と思うかもしれませんが、いや実際大変なんですが、子供にとっては良いことかと思います。小さいうちに風邪を引いておくと、身体が丈夫になるし、あとで風邪を引きにくいと思っているので、これは良いことだと捉えています。

と、死んだうちの小児科のジイさんが言っとった。

ちなみに風邪を引いて熱が出ても、小児科にはあまりいきません。というのも6歳未満の風邪には薬を与えても意味ないというのが、世界的な流れのようです。昔は2歳未満と言われていたのですが、アメリカ・カナダではそういった流れです。

詳しく知りたければこちらなどオススメ↓
たかはし耳鼻科
カナダ当局、6歳未満にはOTC風邪薬・咳止めを使用しないよう勧告

というわけで普通の風邪で38℃ぐらいでしたら、家で療養するようにしています。もちろん様子がおかしければ医者にいきますけどね。

こんな感じで保育園に行かせるメリットは様々あるのですが、これは選んだ保育園がよかったというのも、満足度につながっています。

これは微妙と思った保育園も多かったので、そのあたりは実際に見に行ったり、評判をきいてみたりして判断します。わりと保育園によって雰囲気や方針ちがうので。

実際、微妙と思った保育園

infant005

保育園の方針が合わなかった所もあったのですが、それ以外で問題を感じた点がいくつかあります。

保育士の数が足りてない

保育士は園児に3人につき1人になるのですが、どうもイッパイイッパイの保育園はギスギスしてます。なので大きい保育園で、保育士の数も多ければいいのですが、そうでないとかなり微妙です。

うちは小さめでアットホーム、ゆったりめな雰囲気の保育園を選びました。

お散歩ルートが排気ガス満点の道路沿い

これ都心のド真ん中の保育園であれば、もうどうしょうもないと思うのですが、やっぱり微妙です。

小さい頃から排気ガスまみれの道路沿いを散歩させるのはやや気が引けます。

日本語が通じない保育士が多い

ニュースでみたのですが、都会のビルの一室でやっている保育所で、スタッフに外国人がおおいところ。どうやら日本語もあまり通じないし、衛生状態もよくなったみたいです。

まぁ全部が全部ってわけじゃないのは当然なんですが、日本語があまり通じないってのは、やっぱり微妙です。

まとめ

「保育園かわいそう」と言われて、はたして本当にそうかと思ったので振り返ってみました。

保育園に行くと決めて、祖父や祖母なんかにも「かわいそう」とか言われると、ちょっと凹みますよね。ただ、全く内情を知らずにそう言っていると思いますので、きちんと保育園のメリット・デメリットを把握していれば気にしなくて良いと思います。

とはいえ、たまにやっぱりかわいそうなのかな?とか思うのも事実で、そのたびに子供様子をみているのですが、楽しそうにしているうちは良いかなと思います。

それに保育園はおもったより融通が効きますので、うちは週1ぐらい休ませていたりもしますよ。義務じゃないので、このへんは自由にやればよいのかなぁと。

むしろ家でまともに面倒がみれていないのであれば、遊んであげたりできていないのであれば、そのほうが可哀想なのかもしれません。

しかし、ろくに知らない人に「かいわそう」とか言われるとイラっとしますね。

アドセンス記事下

スポンサーリンク

 - 保育園